FC2ブログ

レーザーカッター製作記2 ~調査編~

こんにちは。

レーザーカッターの製作にあたり、参考になりそうな製品をまとめました。
既にNEVERまとめでまとめられている個人向けレーザーカッターをベースにしています。


Mr Beam
kick starterという海外のプロジェクト資金を集めるサイトで誕生したレーザーカッター組み立てキットです。
オープンソースとなっており、3Dプリンター出力の部品が用いられています。
基本は200mWの赤色レーザーですが、追加料金で1000mWの青色レーザーに変更可能です。
mrbeam.jpg
引用元:https://www.rakunew.com/items/68158

参考1 『59cm x 43cmを扱えるレーザーカッター&レーザー彫刻機、Raspberry PiとArduinoを使用 Mr Beam(ミスタービーム) | Kickstarter fan!』
参考2 『ポータブルレーザーカッターキット「Mr Beam」がKickstarterに登場 | fabcross』



Emblazer(旧名「LazerBlade」)
こちらもkick starterで資金を募って作られました。
加工エリアがA4サイズ、A3サイズの2種類があります。
レーザーには出力2Wの青色レーザーが用いられており、布、木、プラスチックへの加工も可能です。
photo-original.jpg
引用元:https://darklylabs.com/

参考1 『簡単に木・紙・プラスチックを切断・彫刻加工できる自作レーザー加工キット「LazerBlade」 - GIGAZINE』
参考2 『簡単に紙を切ったり木に画像を刻印したりできる自作レーザー加工キット「Emblazer」レビュー - GIGAZINE』



MicroSlice
こちらもkick starter発です。
加工エリアが100mm×100mmと小さく、Raspberry Piで制御しています。
microslice.jpg
引用元:http://www.instructables.com/id/MicroSlice-A-tiny-Arduino-laser-cutter/

参考1 『超小型の半導体レーザー加工機・彫刻機を自作できるキット「MicroSlice」 - GIGAZINE』
参考2 『Arduino制御のレーザーカッター+彫板機 MicroSlice(マイクロスライス) | Kickstarter fan!』
参考3 『レーザー加工機 MicroSlice できるかな Part 1 | Cafe Cappuccino』



Smart Laser Mini
国内で開発されたオープンソースのレーザー加工機キットです。
1.6Wの青色レーザーが使われており、5万円代で手に入ります。
Smart Laser Mini
引用元:http://www.smartdiys.com/smart-laser-mini/

参考1 『世界最安のデスクトップレーザー加工機(カッター) Smart Laser Mini』
参考2 『5万円で買える、国産・卓上型レーザーカッターが登場! | 3Dプリンターなら「Makers Love(メイカーズラブ)」』
参考3 『オープンソースのデスクトップレーザーカッター「Smart Laser Mini」発売 | fabcross』



Podea-01
国内で販売されている家庭向けレーザー加工機です。
10万円で販売されており、2Wの青色レーザーが使われています。
podea.png
引用元:http://www.podea.net/

参考1 『日本発!8万円台の低価格レーザーカッター「Podea-01」 | 3Dプリンターなら「Makers Love(メイカーズラブ)」』



見渡してみると多くの個人向けレーザーカッターがクラウドファンディングを軸に製品化されているようです。
3Dプリンターで部品を作ったり、Raspberry Piで制御したりするなどモノづくり精神がいいですね。
基板や機構がむき出しなあたりDIYを感じます。

次回は個人製作のレーザーカッターをまとめます!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。